読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HOW TO GO

〜昨日の今日とは一味二味違うBlog〜

横浜FC - Vファーレン長崎 2013年JリーグDiv2 第9節

2013.4.17 19:00 Kick off ニッパツ三ツ沢球技場
今日は会社帰りにJ2を観に行きました。

FC東京サポーターのはしくれとして、元FC東京の下田、レンタル移籍中の幸野が観たかったのですが、出場停止と負傷により共にベンチにもおらず。むむー。
いないものは仕方がない。そこにあるサッカーを楽しむこととしましょう。

キックオフ前。なんか変なのいました。前からこんなのいたっけ?
f:id:sugiim:20120416185518j:plain

長崎ペースの前半

前半は完全に長崎のペース。
横浜FCは4−4−2。バックラインでボールを回しつつギャップを見つけようとしますが、2トップが前線に張ったままサイドハーフも動きなし、という状況です。ボランチもボールを運べず結局トップにロングボールを当てるだけでした。FWがでかい大久保なのでそこでチャンスを作りたかったのでしょうか。
長崎は大久保にかなり厳しくマークをし、よいボールを落とさせません。
横浜はバイタルに入れずこぼれ球はすべて長崎が奪取します。そこから長崎は19番小笠原、22番井上裕大がうまく繋ぎ、シュートまで持っていってました。
ただ横浜FCもDF3番森下が踏ん張り、大きなピンチはなく0-0で前半終了。
完全に長崎ペースでした。

修正できた横浜

さずが山口監督、という後半の立ち上がりです。
2トップの黒津、大久保のどちらかがバイタルに下がってボールを受けるようになりました。
これで長崎はボランチとDFが中央によります。そこで横浜8番佐藤謙介がボールを受け一気にサイドに展開。
個人的な能力では横浜のほうが上なので、サイド勝負で長崎は苦しくなります。
あー、これは長崎やばいなぁ。と思ってた矢先に右サイドを横浜14番武岡が深くえぐってからクロス、ファーサイドで大久保にドンピシャのゴラッソです。

その後も横浜が中盤を圧倒し、長崎はなすすべもなし。
このまま横浜があと1点くらい取って終わりかなー、なんて思ってました。

あ、8番の佐藤選手はうまい選手ですね。J1でも十分できそうです。

横浜ペースだったのに…

横浜のDF、思えば前半から苦し紛れのロングボールの扱いがずっと怪しい。
同点になったのもロングボールのクリアが不十分。んで左サイドで長崎26番金久保が拾い、そのまま中央に持ち込みミドルシュートでゴール。
これは良いシュートでした。いいシュートなんですが、その前に拾われてシュートを打たせてしまったのがダメ。
でもまあまだ同点です。横浜ペースは変わってません。

しかしまた同じようにロングボールの処理を誤り、ボールを拾われてそのままゴールされてしまいます。
長崎は二人しか攻めてません。シュートすら打たせてはいけない場面でしたが、サイドを突破され角度のないところからシュートを打たれてしまいました。

最後は田原を投入し、パワープレーを仕掛けますがそれほど効果的ではなく、そのまま終了。

負ける試合じゃないような…

なんというか、長崎のシュートは良いシュートだったし、2点目なんかは完全にラッキーなゴールです。
ただ横浜としては「アンラッキー」で済ませられないような気がします。
DFはしっかりロングボールを跳ね返すべきだし、ボランチは相手FWを自由にさせすぎでした。
攻撃陣も取るべき時に取っていれば…。

試合後の挨拶では横浜サポーターの不満が爆発してしまいました。
ホームでこの試合はサポーターにはちょっときついですね。
ただ暴れても何も解決しないですよね。

以下写真です。三ツ沢はピッチが近くて本当にいいスタジアムです。


カズがウォーミングアップ。期待してましたが出番はなし。
f:id:sugiim:20120416194910j:plain


やっぱりカッコいいカズ。
f:id:sugiim:20120416205234j:plain


試合後の挨拶で暴れるサポーター。愛するチームのためにサポーターは何ができるのか。
f:id:sugiim:20120416205426j:plain